クリエアナブキのUターン転職支援で
あなたのライフチェンジをより良いものに。

クリエアナブキでは、東京・名古屋・大阪の拠点と中国・四国エリアの8拠点が連携し
きめ細やかにUターン転職をUターン転職をサポートいたします。

クリエアナブキでUターン転職した方のデータ

年齢や居住地など実際にクリエアナブキでUターン転職した人の実績を各項目でまとめました。

年齢別

年齢別グラフ

年齢別の割合としては、30歳代前半の方々のUターン転職の割合が高くなっています。仕事である程度の経験を積んで、これからの働き方について考えると同時に、ご両親との同居を検討したり、お子様が産まれたりなど、ご家族との将来についても考える年齢層と言えそうです。

業界別

業界別グラフ

業界別で見てみると、製造業、IT関係、サービス業と続きます。首都圏での経験や実績を強みとして、地方へのUターンで活躍される方が多くいらっしゃいます。また一方で、地方企業では人材不足により、20代の方などの若い力を必要としており、未経験でもチャレンジできる転職もたくさんあります。

居住地別

居住地別グラフ

Uターン時の居住地別での見た場合、関東エリアがおよそ4割を占めています。震災以降の地方への移住を含め、首都圏での都会的な生活よりも、生まれ育った地方都市での穏やかな生活に対して魅力的に感じる方が増えてきているのではないでしょうか。

転職先別

転職先別グラフ

Uターンでの転職先別では四国エリア、中国エリアへと続きます。中国・四国エリアの景気や雇用も含め、地方での生活自体に魅力を感じている方が多いようです。海と緑に囲まれた穏やかな気候、通勤ラッシュからの解放、家族との時間の確保など、地方ならではの魅力満点です。

無料転職相談はこちら

知っておくべき転職のポイント

Uターンでの転職を成功させるか否かの重要な5つのポイントをラインナップ。

1. 転職活動の進め方

Uターン転職における一般的な情報収集方法は、求人Webサイトや、地元の新聞・求人誌、自治体が運営するUターン支援窓口などがあります。
当社の転職支援サービスでは、一般公募されていない非公開求人をご紹介できる可能性があるほか、情報収集の仕方や、活動の進め方等に関するアドバイスもさせていただきます。
また、遠隔地での転職活動は時間やお金がかかるのも事実です。効率よく活動を進めるために、帰省のタイミングにあわせた面接日の設定や、複数の会社に同日に訪問するなど、求人企業に直接お願いしにくいスケジュール調整も、求職者の方に代わって交渉させていただきます。

なお、引越しを済ませてから転職活動を行う方もいらっしゃいますが、在職中であれば、先に転職先を決めてからお引越しをされることをお勧めします。引越し後に転職先が決まらないと、経済的・精神的な焦りから、本来の希望を妥協して決めざるを得なくなるケースや、転職先への通勤に不便なケースもあるからです。
ただし、スムーズに進めるために、予め自宅の荷物の整理をしたり、転職に備えて仕事の資料整理などをして引き継ぎ準備を早めに整えておくのは非常に重要です。

2. 企業の求人ニーズ

近年、Uターンの転職人材を歓迎する企業が増えています。都市部の企業で培った経験、アイディア、ノウハウを発揮し、新たな風を吹き込む革新性を求めているからです。
実際、都市部で働いていると珍しくない経験やスキルでも、地方の企業にとっては魅力的に映る場合もあります。また、都市部の大企業で働いていた方が、転職先の企業で大きな影響力を持つ人材となり、これまで以上に責任ややりがいを持ってご活躍されるケースも少なくありません。

3. 注意すること

都市部から地方へのUターンを考える方は、ライフスタイルにゆとりを求めたり、自然豊かな環境で暮らしたいなど、田舎に魅力を感じている方も多いようです。
しかし地方には、ローカルコミュニティならではの地域社会とのつながりや人間関係の問題、交通機関の利便性、買い物先や学校等の数・種類が限られるなど、都市部とは勝手が異なることも多々あります。
また、地方には中小企業が多いため、大企業に勤めていた方には、その規模や社風、業務の責任範囲の違いなどに戸惑う可能性もあります。

UIターン転職は、会社とともに生活環境も変わる大きな変化の時。ある程度のリスクを伴うことは覚悟した上で、そのギャップを楽しむ意気込みで決断していただきたいと思います。

4. スケジュール

在職中の場合、面接を受けるために遠隔地に赴く場合など、休日の確保が必要なケースがあります。
また、内定から入社までの期間は、通常の転職では内定から1~2ヶ月以内に入社することが求められますが、Uターンの場合は住居の確保や引越しに要する時間を鑑み、それよりも半月~1ヶ月程度待ってもらえる場合も多いようです。前の勤め先の退職準備だけでなく、物件手配から引越しにかかる日数も考慮して、入社スケジュールを決定しましょう。

相談・調整はコンサルタントがサポートさせていただきます。

5. 気になる費用のこと

Uターン転職の実現には、ある程度まとまった資金を準備しておく必要があるのも実情です。
面接においては、一次選考にかかる交通費は自己負担、最終選考に近づくにつれて企業側負担となるケースが一般的です。また転居にあたっては、物件探しのための訪問にかかる交通費や宿泊費、引越し先の賃貸契約に係る敷金/礼金/仲介手数料/火災保険/前家賃、引越し業者の費用など、数十万円の費用がかかります。
転職先の企業によって住宅手配や転居への補助に関する規定は異なりますので、転職先にも相談しながら準備を進めると良いでしょう。

なお当社は、不動産事業を中心に展開するあなぶきグループの一員として、賃貸住宅の仲介手数料補助など、住まい探しのお手伝いもさせていただいております。Uターン転職を最後までサポートしますのでご安心ください。

クリエアナブキでUターンした方の声

愛媛県へのUターン転職

転職活動時、感じることができたのは
「独りじゃない」という安心感でした。

Aさん(30代男性)

初めての転職活動で不安があったが、質問や相談に乗ってもらえて心強かったのを覚えています。「独りで戦っているんじゃない」と思えたのが大きかったですし、応募企業の内情を事前に聞けたのもよかったです。また、書類の作成や選考に関する質問、選考日程の調整など、メールのレスポンスが早く、ちゃんと対応してもらえていることが実感でき、非常にありがたかったし、安心して転職を進めていくことができました。業務の繁忙期や娘の誕生が選考時期と重なってしまったが、事情を考慮し、先方と調整してもらえたことは本当にありがたかったです。私の場合、1社しか応募しなかったのですが、対応が素早く、応募から内定までストレスなく進めていただけたと感じました。

コンサルタントより

誰もが知る大手IT企業でご就業されていたAさん。お子様が産まれることをきっかけに、地元愛媛へのUターン転職を現実的に考えはじめました。転職活動は、前職での担当プロジェクト推進やお子様のご誕生など、非常にあわただしい中で行わなければならない状態でしたが、選考日程の調整などをクリエアナブキのコンサルタントに任せることで、ストレスなく活動を行うことができ、内定まで順調に進みました。

広島県へのUターン転職

きめ細かなサポートで
前向きに転職を進めることができました。

Bさん(40代男性)

とても満足しております。県の職業アドバイザーから、広島への人材紹介を積極的に行っている会社ということでご紹介いただきました。直接お会いしてのお話や電話、メールでのやり取りを通して、情緒が不安定になりがちな時期に励ましていただき、大変嬉しく、安心しました。他の支援サイトにはなかったきめ細やかなアドバイス、そして安心感を得られました。

コンサルタントより

大学卒業後、大阪本社のIT企業に入社し名古屋で勤務していたBさん。40歳を機に両親の近くで暮らしたいとの理由で、地元広島へのUターンを希望していました。Bさんの積み上げてきた経験とスキルを的確にアピールできるように履歴書・職務経歴書作成のサポートや、面接対策のアドバイスなどをクリエアナブキのコンサルタントがきめ細かく行いました。都市部から地方へのUターン転職の場合、企業規模や給与、福利厚生などが前職と比べてダウンするケースが多いですが、Bさんの転職は、全てがアップする形で実現します。Bさんの実家のご両親も、息子さんが地元に戻って来てくれた上に、地元の有名企業への転職が叶ったということで、とても喜んでおり、ご本人の希望が叶ったのはもちろん、周りの方も幸せになるUターン転職となりました。

※写真はイメージです

Uターン転職コンサルタント

中国四国エリアでの生活経験があり、転職情報に精通したコンサルタントが
「中国・四国UIターンセンター」に常駐しています。

後藤 彰久

UIターン担当

後藤 彰久

30年以上にわたり中国・四国エリアで人材サービスを行ってきた当社は、地域の企業経営者や人事担当者の方から厚い信頼を得ており、当社だけにご依頼いただく求人も保有しております。
「田舎には自分のスキルを活かせる求人なんてないだろう」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、地方にも色々な求人が存在します。 また、求人が表に出ていない段階でも、あなたのご経験を元に我々が売り込むことができる場合もありますので、まずはお気軽にご相談ください。

滝 周太郎

UIターン担当

滝 周太郎

ここ数年、中国・四国エリアでは、Uターン転職される方を求める企業が非常に増えています。求められるスキルや経験は企業によってさまざまですが、「都市部の企業で培った経験やノウハウを自社で活かし、活躍してもらいたい」という経営者や人事担当者の声をよく耳にします。
また、昨今の新卒採用の厳しさから、第二新卒や若年層の採用にも熱心な企業が増加しています。
「やっぱり地元で暮らしたい。」という思いを抱いている方にとっては、今がチャンスと言えるでしょう。

クリエアナブキが選ばれる理由

中国・四国エリアの転職に精通した
経験豊かなコンサルタントたちが
あなたにぴったりのおせっかいでサポートします。

もっと見る

無料転職相談はこちら

  • 愛媛県UIターン転職相談会 東京&大阪で開催
  • 徳島県UIターン個別相談会 東京&大阪で開催
  • 岡山県UIターン個別相談会 東京&大阪で開催
  • ひろしま転職相談会 東京&大阪で開催

このページのトップへ