2019/03/12New!

「未経験者歓迎」を正しく理解する。正社員求人でキャリアチェンジを成功させるためのタイプ別攻略法

こんにちは。キャリアコンサルタントの中川 有二です。

3月に入り日増しに暖かい日も増えてきました。

この時期はいわゆる就活解禁ということもあり、新卒採用をしている会社の人事にとって1年で一番忙しい時期といえます。転職活動中の皆様は、次の面接の日時が決まらないなど、少なからず影響を受けることがあるかもしれません。在職中に転職活動を始めた方の中には、年度末の繁忙期も相まってスケジュール管理に苦労されている方もいらっしゃるでしょう。

面接日程の調整などお困りの際には、お気軽に担当のキャリアコンサルタントにご相談ください。

「未経験者歓迎」正社員求人は本当に未経験でも歓迎なのか?

ここ最近、求人企業様より「未経験者歓迎」の正社員求人をお預かりすることが多くなってきました。

「以前なりたかったあの仕事にチャレンジしたい」「自分にはもっと違う可能性があるのではないか」「全く違った仕事でキャリアアップしたい」など、キャリアチェンジに意欲的な方にとっては、チャンスが拡がっていると感じられるかもしれません。

しかし一方で、未経験者歓迎の正社員求人に応募して、本当に経験のない仕事に転職できるのか?とお感じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は未経験者歓迎正社員求人についての考え方や応募についてご紹介いたします。

募集背景により歓迎している「未経験者」もさまざま

実は未経験者歓迎にも色々な意味があり、求人企業が未経験者を募集する意図も様々です。
未経験者歓迎の背景として以下のような理由が考えられます。

  • 新卒採用不足人数の補充や、若手層を補充したい
  • 元々経験者の少ない職種、応募者の少ない業界の募集
  • 様々な異業種での知識や経験を取り入れたい

背景が違うということは、応募する際に留意すべき点も違うということです。それぞれのケースについて、詳しく見ていきましょう。

新卒採用不足人数の補充や、若手層を補充したい

昨今の採用難から若手人材の採用に苦労されている企業は少なくありません。

第二新卒から20代くらいの方を採用し、年齢層のバランスを取りたい場合や、5年後、10年後もしくは将来の会社の中核人材となっていただける方の採用を意図して、未経験者歓迎と打ち出す場合があります。
この場合は、「職種未経験」「業界未経験」以外に、既卒者など「社会人未経験」も対象となる場合があります。

中途採用といっても充分な教育研修期間を設け、少し長い目で戦力化を期待している場合が多いのが特徴ですが、面接など直接話が聞ける機会には入社後の研修や採用する人材への期待など確認してみると良いでしょう。

このケースでは第二新卒~30歳くらいまでの方が対象となることが多く、経験の長い方はミスマッチとなる場合があります。

第二新卒など社歴の浅い方が転職する場合には、「今の会社を退職する理由」は重要になってきます。

求人企業側にとっては、せっかく採用した人がすぐ辞めてしまってはいけませんので、退職理由がひとりよがりだったりしないような妥当な理由であることは元より、転職先に当てはまらないことが重要です。また、どうしても退職理由は後ろ向きな内容になりがちですので、転職によって実現したいことを組み合わせて、前向きな内容で結ぶと良いでしょう。

元々経験者の少ない職種、応募者の少ない業界の募集

地域的、業界的な理由から元々経験者が期待できない職種や業界の場合、素養のある方や近い職務経験のある方、未経験だが資格だけはある方を採用したい、というパターンです。

この場合は「未経験者歓迎」とし、必須条件をつけないながらも、歓迎する経験として近い経験や資格を併記しているパターンが多いようです。また、元々応募者の少ない業界の場合は、応募時の心理的なハードルを下げるために「未経験者歓迎」を大きく打ち出している場合があります。

意欲のある方であれば、若手の方でなくても応募のチャンスがある場合があります。近い経験がある場合、活かせる資格がある場合は、応募時に訴求できるポイントが明確にしやすいので、しっかりとアピールした方がよいでしょう。

様々な異業種での知識や経験を取り入れたい

新事業の開始、海外進出など、会社として転換期を迎えていて新たな人材を採用したい場合や、社内に中途採用人材が少なく、活性化のひとつとして積極的に採用拡大に動き出した企業などが当てはまります。
未経験歓迎とは言いながらも、採用人材に対する期待値が高かったり、一方で明確でない場合も少なからず見受けられます。

このケースでは、異業種で培った経験を転職後にどう活かすのかという目線で、応募書類を作りこむことがとても重要になってきます。また、未知の分野に挑むことに対しての意欲や背景、入社後のビジョンなど、イメージだけでなく具体的に考えていることが伝わるように準備しておく必要があるでしょう。

まとめ

ひとくちに「未経験者歓迎」正社員求人といっても色々な背景があることがお分かりいただけましたでしょうか。

求人には様々な背景があり、応募の際には求人の意図を読み取ることが大切です。同じ職種、同じような条件の求人でも会社によってその背景は違いますし、採用することによって実現したいことも様々です。

私たちキャリアコンサルタントがサポートをさせていただくときには、求人票には掲載されていないような情報もお伝えすることができますので、ぜひ気兼ねなくご相談ください。

皆さまがよりよい転職を実現されることを願っております。

この記事を書いた人

中川 有二

香川エリア担当

香川エリアを担当するキャリアコンサルタント。
人事担当として新卒・中途採用、社員教育に携わった経験から、人事担当の視点を活かした転職支援を行っている。

【主な資格】
国家資格キャリアコンサルタント

中国・四国エリアの転職に精通した経験豊かなキャリアコンサルタントたちが
あなたにぴったりのおせっかいでサポートします。

無料転職相談はこちら

仕事と暮らしのコラムカテゴリ一覧

  • 丸亀市UIターン転職個別相談会 東京&大阪で開催
  • 高松市UIターン個別相談会 東京&大阪で開催
  • 愛媛県UIターン転職相談会 東京&大阪で開催
  • 徳島県UIターン移住・転職個別相談会 東京&大阪で開催
  • 岡山県UIターン個別相談会 東京&大阪で開催
  • ひろしま転職相談会 東京&大阪で開催

このページのトップへ